GENERATIONS REVENGE OF THE FALLEN STUDIO SERIES 実写映画シリーズ

レビュー:スタジオシリーズ SS-51 ディセプティコン スクラッパー

SS-51 ディセプティコン スクラッパー

今回もスタジオシリーズから
合体してデバステーターになるディセプティコンスクラッパーを紹介!
劇中ではロボットモードが一瞬登場するキャラで、
公開時に発売されたレジェンズクラスのアイテムを除くと、
初のきちんとしたサイズ(ボイジャークラス)の玩具化となります!

左右非対称の人型のスタイルでなかなかのかっこよさ!!

SS-51 ディセプティコン スクラッパー
メーカータカラトミー・hasbro
シリーズトランスフォーマー スタジオシリーズ
発売日2020年05月
定価¥4,500(税抜き)

パッケージ

ボイジャークラスでロボットモードで収められています。
ボイジャークラスらしいボリュームになっており、
他のボイジャークラス コンストラクティコンと同じくらいの大きさとなっています。

同型のスクラッパーのほとんどが破壊されているという
スカベンジャーと同じ様な悲しい紹介文・・・。

ディスプレイ用背景

スタジオシリーズ共通のディスプレイ用背景はエジプトの戦闘・合体シーン。
コンストラクティコンのメンバーは全員共通でこの背景となっています。

ロボットモード

ロボットモードの姿は劇中にも一瞬登場していました。
この姿をもとに再現されている様です。
単体でデバステーターの右手になるためか、
ロボットモードの再現度はなかなか高く、四肢もきちんとしていますので
結構動かすことができます。

全体像

これまで発売されたコンストラクティコンの中で一番人型に近く、
左右非対称なプロポーションになっています。
スマートな体型になっていますが、バランスが良いのか非常にカッコよく見えます。

ビークルモード時のガワが結構犠牲になっていることもあって、
後ろ姿はかなりシンプルです。
大きなタイヤが脚部を構成しており、
ぱっと見どう変形するのかわからない・・・!

右腕はハサミ形状!

左腕は鉄球の様な形状になっています。
側面からみてもかっこいい・・・!
コンストラクティコンの中でも一、二位を争うくらい動かしやすいアイテムになっています。

ボイジャークラスということもあって体はかなり大きくなっていますが、
顔は小顔!
目の塗装位置がパッケージアートと異なっています。
塗装指定ミスなのかな・・・?

腰の回転はありませんが、左右に開くことができるようになっており、
アクションなどで活かすことができます。

右手のハサミは開閉が可能になっています。

アクション

腰回転はありませんが、腕などが大きく動かすことができますので、
躍動感あるポージングが可能!

右手を振り回すかの様なポージングから・・・。

立ち膝はちょっと厳しいですが、左手を添えればこの様に・・!

腕が長いので襲いかかる様なポージングが簡単にできます。

ビークルモード

劇中ではキャタピラー992Gホイールローダーに変形しますが、
ライセンス取得品ではありませんので、
一般的なホイールローダーに変形する様になっています。

全体像

ガワ変形ではないため、
ビークルモードとしての再現度は高くありません。
ホイールローダー、ということがかろうじてわかるくらいの形状になっていますが、
デバステーターの右腕になることを考えると、
このぐらいゴチャゴチャしている方がちょうどよく思えます。

後ろ側にはスカベンジャーとの接続部分が見えます。
合体モードへは簡単に変形することがわかります。

側面

ガワがないため、かなりメカメカしい見た目になっています。

正面・背面

正面からみるとショベルが大きめに見えて迫力満点!

ショベルは上下に動かすことができます。

デバステーター合体モード

スカベンジャーはデバステーターの右腕・手部分を担当します。

ハイタワー・スクラップメタルと合体する左腕と異なり、
単体で変形しますので、かなり簡単に合体モードへ変形できます。

スカベンジャーと接続することで、
現時点で上半身部位が完成しますが、かなりの大きさと重量!
オーバーロードと合体すると果たしてどのくらいの大きさになるのか・・・!
後日のレビューをお楽しみに!

総評

単体での満足度が一番高いかもしれない本アイテム。
単体で十分可動することと、スタイルがよく眺めてもよし、
動かしてもよし、というアイテムになっていると思います。

デバステーター合体要員ですが、
単体で持っていてもいいくらいの完成度です。
お勧め!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください