GENERATIONS REVENGE OF THE FALLEN STUDIO SERIES 実写映画シリーズ

レビュー:スタジオシリーズ SS-47 ディセプティコン スカベンジャー

SS-47 ディセプティコン スカベンジャー

今回もスタジオシリーズから
合体してデバステーターになるディセプティコン スカベンジャーを紹介!
公開時に発売されたアイテム、デモリッシャーの10年ぶりリメイクとなり、
映画でも最初に登場する異形のスタイルでインパクト抜群!

公開当時のものは、車輪にゴムが使われており
経年劣化で切れてしまいましたが、今回はオールプラスチックとなっています。

劇中のものよりもスケール的には小さめですが(オプティマスが小さいくらい巨大な描写でしたが)
リーダークラスということもあってそれなりの大きさがあります。

SS-47 ディセプティコン スカベンジャー
メーカータカラトミー・hasbro
シリーズトランスフォーマー スタジオシリーズ
発売日2020年03月
定価¥6,800(税抜き)

早速みていきましょう。

パッケージ

リーダークラスのパッケージでぎっしりと詰まっています。

同型のスカベンジャー・デモリッシャーのほとんどが破壊されているという
悲しい紹介文。

ディスプレイ用背景

スタジオシリーズ共通のディスプレイ用背景はエジプトの戦闘・合体シーン。
コンストラクティコンのメンバーは全員共通でこの背景となっています。
本体のボリューム・特徴的なスタイルで、ここにのせるのは至難の技・・・。
標準的な素立ち以外はディスプレイスタンドがほぼ必須となります。

ロボットモード

前回の発売時と同様にコンセプトアートに近い姿が再現されています。
異形なキャラが多いコンストラクティコンの中でも
インパクト抜群で、登場時によくこんなデザインを思いつくなぁ、と関心したほどです。

個人的にはコンストラクティコンの中で独特なプロポーション過ぎて
一番好きなキャラでもあります。

全体像

劇中通りの姿でかなりずっしり感があります。
四肢があるデザインでは無いため、
基本的に三点で支えるスタイルがデフォルトになります。

背面からみても所謂ガワ的な物は一切ありません。
リーダークラスということもあって、かなりガッチリしたロックが随所にみられます。

実写映画をみたことない方は一体どんなものに変形するのか、
想像がつかない側面。。。
実際にリメイクされたものを手にとると、
デザインもそうですが、うまく玩具化されていてタカラトミーの凄さがよくわかります。

アクション

人型では無いためかなり独特な可動になっています。
またディスプレイスタンドをお持ちでなければ三点、もしくは二点で支えることになりますので、
可動に制限があります。

登場時のシーンっぽい感じに・・・。

コンセプトアートっぽいポーズに。
背面にフィギュアスタンド用の3mm穴があいていますので、
それを使ったポージングとなります。

前回発売されたものと異なり、分割したショベルを手の様さらに分割することができます。

ビークルモード

劇中ではテレックス O&K RH400という超大型油圧ショベルに変形しますが、
玩具化するにあたって、それに似せた形の大型油圧ショベルとなっています。

実際にはハイタワーも同じくらいの大きさです。。
ミックスマスターやランページはこれらに比べるとかなり小型であることがわかります。

ビークルモードのスケール感はさすがにもう合わせるのは無理ですね・・。

全体像

キャタピラの底に車輪がありますのでコロ走行ができるようになっています。

背面やガワ以外の部分はかなりスカスカになっていますが、
あのロボットモードから変形することを考えると特に気にならないかと思います。

変形時に各所のロック以外に、
回転するパーツなどかなりキツめになっていますので、
スムーズに変形する、という感じではなく多少力が必要になります。

デバステーターの上半身になるということもあって、
かなりかっちりしています。

側面

正面・背面

ロボットモードの頭上にくるホイールが真ん中に隠されています。

デバステーター合体モード

スカベンジャーはデバステーターの上半身部分を担当します。

正面側がこちらになっていて、
上部部分にミックスマスターを嵌め込む形になります。
合体形状は説明書にありますが、
どの様に合体するかは書いていませんので、
人によってはわからなくなってしまうかもしれません。

こちらが背面になっています。
劇中の姿とは少し異なりますが、なんとなく再現されています。

リーダーサイズの上半身下半身となりますので、
合体時の大きさと重さはどれくらいになるのか、期待大です・・・!

総評

インパクト抜群の姿でいながらも、
デバステーターの上半身を担当するということもあって、
そうとうがっちりした変形になっている本アイテム。
きっちり変形することからも単体でもかなり良いできになっています。

ダミーパーツもありリーダクラスだけあって迫力も十分で、
変形パターンもかなり凝ったものになっています。

コンストラクティコンはどれもしっかり作られていて
スタジオシリーズの中でもかっちり度は群を抜いているかもしれません!
個人的にインパクト抜群でお気に入りで大満足です!
入手困難になる前に入手をお勧めします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください