MASTERPIECE

レビュー:マスターピース MP-39 サンストリーカー (2020再生産版)

MP-39 サンストリーカー

今回はマスターピース、MP-39 サンストリーカーを紹介します。
人気アイテムで発売後高騰しがちなマスターピースでしたが、
2020年に再生産となりました。
今回紹介するのは2020年再生産版となります。

MP-39 サンストリーカー
メーカータカラトミー
シリーズトランスフォーマー マスターピース
発売日2017年12月(2020年6月 再生産)
定価¥12,000(税抜き)

このサンストリーカーはフェイスパーツなども付属しており、
表情は最近のマスターピースのようにアニメ準拠となっていますが、
スタイル自体はいかにもマスターピースといったスタイルになっており、
大変満足度が高いものになっています。
それは再生産版でも大きく変わっていません。

早速みていきましょう。

パッケージ

パッケージにある通りランボルギーニのライセンス取得品となっています。
ビークルモードはお馴染みのカウンタックLP500S!!

パッケージ内にはいろんなものが付属しています。
カウンタックLP500Sについての解説や、サンストリーカーの解説が背面にあります。

ビークルモードで納められており、
付属品はフレアーガン、エレクトロン・パルスガン、交換用フェイスパーツ(笑顔、叫び顔)、
チップ・チェイスフィギュア、チップの車椅子、
悪い宇宙ロボットのお面、説明書、キャラクタースペックカード、スペアのサイドミラーと盛り沢山!

ロボットモード

マスターピースのなかでも抜群のプロポーションと可動範囲を誇ります。
劇中に登場するサンストリーカーそのまんま、といった形で
いろんなポージングが可能になっています。

なおサンストリーカーのリカラー・一部仕様変更品のMP-42コルドンと基本的には同一のものになります。

全体像

正面からみるとまさにサンストリーカーというスタイルです。
アニメ準拠顔なので購入するか迷っていたんですが、
宣材画像で見るよりも実物の方が印象が良いです。

コルドンと異なり脛部分はモールド無しに。

背面はスーパーチャージャーを背負っています。
パタパタと折りたたんで回転させる、という変形方法で大変楽しい変形パターン!

再生産版ですがこれまでのものと大きく異なる箇所は内容に見えます。

背面に背負っているスーパーチャージャーが結構なボリュームとなっていますが、
バランスを崩すことなく、キチンと立つことが出来ます。

サンストリーカー以前のマスターピースと比べると
変形難易度は大きく上がっているのは事実ですが、
このサンストリーカー型は最近の複雑化したものの中でも傑作と呼ばれるくらいの良いバランスとなっています。

フェイスパーツ

フェイスパーツは3種類となっています。

まずは通常フェイス。

汎用性の高い叫び顔フェイス!
ポージングさせるときによく使えると思います。

再度に笑顔フェイス。
なんとなくあんまり笑ってなさそうな顔。。。。

アクション

マスターピースらしく動いて欲しいところはほとんど動き、
可動域はコルドンと同じく最強を誇るといっても過言ではありません。

腰の回転などはもちろんのこと、膝も深く曲げることができます。

笑顔フェイスで走ってくるポーズ。
ちょっと怖い・・・。

フレアーガンと叫び顔フェイスの組み合わせ。
基本的に武器類は所謂マスターピース持ちになっています。

両手を使ってエレクトロン・パルスガンを構えるポーズ!
腕の可動と十分な長さがあるため、こうしたポージングは安定してできます。

また足の設置性もかなり高いのもポイントです。

立ち膝ももちろん簡単にできます。

武器は両手に持つことができます。

ホイスト ハリウッドへ行くでお馴染みの悪い宇宙ロボットフェイスは
どのフェイスパーツにでも装着することができます。

ビークルモード

ビークルモードはカウンタックLP500Sで、文句のつけようがないかっこよさ。
通常のカウンタックLP500Sの他、スーパーカウンタックモードがあります。
メッキパーツが多用されていて大変かっこいい仕上がりに!

ビークルモードではシザードアとボンネットの開閉が出来ます。

またリトラクタブル・ヘッドライトも可動!

全体像

まずはカウンタックLP500Sモードから。

黄色のカウンタックLP500Sは放映時、憧れの車の一つでした。

ライセンス取得品だけあって、再現度は非常に高いです。

側面

正面・背面

ランボルギーニライセンスを取得品となりますので、
通常のLP500Sは再現度に文句なしの出来となっています。

チップ・チェイスとの大きさ比較。
ちょうどいい大きさとなっています。

スーパーカウンタックモード

劇中でもお馴染みのモードそのまま!

ぱっと見、いったいどこにスーパーチャージャ部分が隠れているのかわからない様になっていて、
大変完成度が高いマスターピースアイテム!

武器

フレアーガンはスーパーカウンタックモード時にリア部分に差し込むことで、
リア部にマウントすることができます。

アニメの中では一度しか使われなかった対空レーザー砲を展開することができます。
リアウイングを回転させて、中にあるレーザー砲を起こすだけで展開できます。

総評

ビークルモード・ロボットモード共に傑作と云える出来になっていると思います。
変形はすこしばかり難しいですが、
現在の様には破損が伴いそうな無理な変形はなく、
最近ではビークルモードも大事にしているものは多くなく、
アニメ準拠!変形はタイト!!!!!が多くなってしまっています。
最近のマスターピースに疲れてしまった方には強くお勧めできるモノだと思います。
まちがいなく傑作の一つになっていると思います!
変形が楽しいのも非常にポジティブです。
再生産でお求めやすくなっていますのでお勧め!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください