GENERATIONS SIEGE WAR FOR CYBERTRON

レビュー:SIEGE WFC-S27 スカイワープ PHANTOMSTRIKE SQUADRON

WFC-S27 スカイワープ

今回は米アマゾン限定のPHANTOMSTRIKE SQUADRONパックから、
スカイワープ、そして付属のバトルマスター達を紹介!
残念ながら日本国内では発売されずに、
海外のみとなってしまったアイテムですが、
クレジットカードなどがあれば日本国内からでも購入できますので、
入手難易度は低いパッケージアイテムとなっています。

G1終了後の現在のジェネレーションズ系の今回は
果たしてどの様な設定なのか・・!

SIEGE WFC-S27 スカイワープ PHANTOMSTRIKE SQUADRON
メーカー タカラトミー・Hasbro
シリーズ トランスフォーマー WAR FOR CYBERTRON
発売日 2019年
定価 $49.99

ちなみにIDWトランスフォーマー 旧オンゴーイングシリーズでは、
サンダークラッカー同様にスカイワープもディセプティコンを去り、
サンダークラッカーは地球に残り愛犬バスターと共に人間の生活に馴染み、
スカイワープはGIジョーに加わるというストーリーでした。

パッケージ

パッケージは、スカイワープとバトルマスター三体が付属したパックになっており、
中身が見えない様になっています。

ちなみにFRACASが実物と異なるカラーになっています。
付属のバトルマスターはFRACAS、SHRUTE、TERROR-DAXRTYLの三体。

ロボットモード

本体付属の武器は、
HPI Null-Ray Laser Launchersとなっており、
スタースクリームらと同じ武器となっています。
基本的にはスタースクリームのリカラーとなっています。

現在連載中のIDW 2019トランスフォーマーでは、
前の戦争で自身がもつワープ能力によって、
重傷だったメガトロンを救った描写で登場しています。

全体像

プロポーション自体はこれまでシージで発売されてきた
シーカーズと同じものです。
スカイワープといえば黒と紫!
前面のウェザリングは手足、胸部にあります。

サンダークラッカーやスタースクリーム・スカイワープらのウェザリングは、
良い具合になっていて個人的には大変気に入ってます。
G1の姿をベースにモダンな可動とスタイルに!

横の5mm穴などもこれまでのアイテム同様にあります。

G1世代はどうしても三体揃えたくなってしまう・・・。
IDW版では三体揃うこともあまりないので、
無理して入手しなくても良いのではと思いつつ揃えてしまう・・・。

TERROR-DAXRTYL

プテラノドンスタイルのバトルマスターで、
プテラクサドンのリカラーアイテムになっています。

ブラスター、もしくは斧として利用することができます。

立たせるためにバランスをとるのが難しい・・。

前傾姿勢気味でちょうど良くなります。

テラーダクステイルにはインパクト系のエフェクトパーツが付属しています。

FRACAS

フレイカスはG1時代ではスカージのターゲットマスターで、
ネビュロス星出身でした。
ジェネレーションズ系ではTITANS RETURNのスカージの
タイタンマスターとして玩具オリジナルで発売されていました。
そんなフレイカスがシージシリーズについに登場!
今回特定の誰かのパートナーという設定はありませんので、
ディセプティコンのバトルマスターとして誰かと組み合わせるのが良いでしょう。
こだわる方はTITANS RETURN版などと一緒に遊ぶことができます。

ファイヤードライブのリカラーとなっています。
リカラーが多すぎて覚えきれないくらい手元にあります・・・。

Duo-Charge Electrostatic Photon Cannonに変形します。

SHRUTE

シュルートは、
G1時代はダブルターゲットマスターとしてスピニスターのパートナーでした。
当時国内未発売の玩具でしたので今でも認知度は低いと思います。
IDW版のスピニスターはターゲットマスターとパートナー関係にありませんので、
フレイカス同様現在特定の誰かのパートナーという設定はありません。
こだわる方はスピニスターと一緒に組み合わせるといいと思います。

エイムレスのリカラーとなっています。

Manifold Ion Particle Blasterに変形します。

スカイワープ アクション

これまでのシーカーズ同様可動範囲は同じです。
手首、腕、腰の回転、足首の若干の横可動などそのままです。

配色がカッコいいので素立ちのままで十分!

テラーダクステイルと共に。

スカイワープ一体に大してターゲットマスター三体ですので、
余ってしまいますので、
他のアイテムと一緒に組み合わせるのがベストでしょう。

ディスプレイスタンドを使ってパッケージアートと同じポージングも。

可動範囲がひろく、どんなポーズでも大体できます。

立ち膝も簡単に

エフェクトパーツが沢山付属していますので、
いろんなものをつけることができます。

ビークルモード

スタースクリームらと同様にテトラジェットに変形します。
彼らは当時ジェットロンと呼ばれていましたが、
現在はシーカーズと呼ばれています。

全体像

ビークルモード自体はスタースクリームと変わりません。

ビークルモードはカラーリングが異なるだけですが、
G1アニメをみていた世代はやはり三体セットで揃えたくなる形状!

ウェザリングが配色的になかなか見栄えが良いです。
(筆者はウェザリング ウェルカムなため)

側面

正面・背面

総評

なぜ日本国内で見送られたのか不思議でならないパッケージで、
これからのアースライズ国内展開も心配でなりません・・・。

スタースクリームらと同じく、変形も簡単でアクション性も高く、
動かすのが楽しいアイテムなのは同じです。
相変わらず変形時に胸部が外れやすいくらいしか不満点はありません。
が、スタースクリーム ・サンダークラッカー・スカイワープの3名並んでる姿に思い入れが特に無い方は、
好みの色のもので選ぶのも良いと思います。

またバトルマスター三体付属ということで、
プレイバリューも高く、海外からの購入などに抵抗がない方は入手をオススメします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください