GENERATIONS POWER OF THE PRIMES PRIME WARS TRILOGY SELECTS

レビュー: POWER OF THE PRIMES GENERATIONS SELECTS ダイノボット レッドスワープ

GENERATIONS SELECTS ダイノボット レッドスワープ

今回はGENERATIONS SELECTSから、
POWER OF THE PRIMES ダイノボット スワープのリカラーアイテム、
ダイノボット レッドスワープを紹介します。

G1玩具カラーを踏襲したものに変更になっていますが、
成形色も変更されており、
ボルカニカス合体時に成形色が他と合わず、
ちょっと無理やりカラーを統一した様な印象になります。

PRIME WARSトリロジーの劇中再現としては通常版の方が良いかも・・・。

GENERATIONS SELECTS
ダイノボット レッドスワープ
メーカーHasbro
シリーズトランスフォーマー POWER OF THE PRIMES
発売日2019年
定価$19.99

パッケージ

GENERATIONS SELECTS系のパッケージに。
13のプライムがプリントされたPOWER OF THE PRIMESパッケージ!

中にはロボットモードで納められています。
通常版パッケージ背面の製品カラーと同じものに!

ロボットモード

見事なまでにG1カラーとなっています。
プテラノドン頭部パーツはクリアに変更されています。

全体像

他のダイノボットと同系統のカラーリングに変更されましたが、
あまり印象は変わりません。

POWER OF THE PRIMES系のGENERATIONS SELECTS、
リコシェもそうでしたが、関節等がかなり緩めで
普通に立たせるだけでも未調整だとかなり難しいくらい倒れやすいです。

ダイノボットお馴染みのソードとプライムアーマーが付属しています。

アイテム比較

通常版のスワープとレッドスワープの比較です。

成形色が白が強くなったカラーに変更されています。

赤の発色も少し明るめになっている様な気も・・。

全体的に明るくなった印象です。

アクション

可動領域は基本的に通常版と同じです。

プライムアーマーは胸部にもマウントできますが、
背面にも装着しておくことができます。

クリアパーツが多めになったため、
プライムアーマーをブラスターとして使うと余計目立ちません。

これはこれでアリかも・・。

ビーストモード

ダイノボットのメインのモード、ロボティックなプテラノドンに変形します。
G1と同じ様なカラーとなります。

プライムアーマーと武器はこの様に装着できます。

クチバシの開閉はこれまで通り可能です。

全体像

翼についている爆弾はGENERATIONS SELECTSでも省略!
どうせなら付けて欲しかった感があります。

側面

正面・背面

足と首を可動させると立たせることができます。

合体

通常カラーのスワープ合体時には右腕担当ですが、
レッドスワープもどの部位でも担当できる様になっています。

全体的な作りとしては、前シリーズのCOBINER WARSと大きく変わりません。

ボルカニカスに組み込むと、
全体的なカラーは統一感がありますが、
成形色が異なっているため、若干浮き気味です。
同シリーズのインフェルノなどと組み合わせた方がイイかもしれません。

総評

GENERATIONS SELECTS版は赤を基調としたカラーに変更されましたが、
成形色変更と、関節が緩くなかなか厳し目なアイテムに。

G1カラーで揃えたい方向けのアイテムになっており、
PRIME WARSトリロジーの作品を再現したい場合は、
逆に浮いてしまう、というまさにGENERARIONS SELECTSらしい
メインラインとちょっと扱いが異なるモノになっています。

個体差かもしれませんが、関節がかなり緩めでしたので、
同様の個体を入手してしまった場合は調整をオススメします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください